画像
画像
画像
画像
画像

イライラしやすくなったあなたにプラセンタ

最近、訳もなくイライラすることはありませんか。
イライラと訳も分からないままにイラつくのは更年期障害の一種なのです。
女性は生理中に精神的に干渉されるということを聞くことはないでしょうか。

1ヶ月に一度、女性は受精し損ねた卵を体外に出す時に血を流します。
それは子宮の内面を内張りしている子宮内膜が剥離、脱落し、血液とともに排出され、脳にある視床下部と下垂体、そして卵巣において互いに刺激し合って起こるのです。
ところが閉経を迎えることによって、命令通りに動かない器官がでてきます。しかし閉じられたことにより、ないものはないので命令は実行できません。そのことで自律神経系に影響を及ぼすことになるのです。

女性ホルモンをコントロールする中枢があるだけでなく視床下部には、自律神経系の中枢も存在するのです。
そのために影響を受けやすくなってしまい自律神経のバランスが崩れて、やがては自律神経失調症状を招くことにもつながりかねません。
自律神経が乱れると精神的に不安定になってしまいますし、さらにホルモンバランスが崩れると意味なくイライラしてしまいます。プラセンタは精神を安定させる力があり、精神的にイライラしている人はプラセンタを摂取するようにしましょう。自律神経を調節する作用があります。
自律神経とは自らが意識しないでも自然に体の各機能を調整するように働いてくれる神経です。汗をかいたり、ホルモンの分泌を調整したり、心臓を動かしたりするのが自律神経の役割であり、逆に自分で制御する方法がありません。

そのために乱れが起こると進行することを止めることができないとされています。
プラセンタは胎盤で出来ていますので、生まれたばかりの細胞が多く使われています。
身体に足りなくなったものを補ってくれるという役割ももち、様々な調整機能も兼ね備えているために、自律神経に対しても効果があると言われています。
ホルモンバランスを整える効果があるプラセンタの影響は大きいといえるでしょう。