画像
画像
画像
画像
画像

プラセンタっていつから使われていたものなの?

プラセンタの歴史は古く、遡ること紀元前に医学の父とも呼ばれるヒポクラテスによって、病気治療に使うようになり、それがプラセンタの始まりとされています。
エジプトの女王クレオパトラやフランスのマリー・アントワネットは若返り、美容の目的でプラセンタを利用していたといわれます。
また中国においては、秦の始皇帝が用い、唐の時代には漢方医学書「本草拾遺」の中で紹介されています。

さらに明の時代には「本草網目」にて「紫河車」の名前で紹介され肉体的及び精神的な疲れや衰えに対して効用のある滋養強壮の漢方薬として、現在にも続く漢方に欠かせない薬のひとつとして伝わっているのです。
1930年代にはソ連でプラセンタの組織片を皮下に埋め込んで負傷兵などの治療を行う研究が行われるようになりました。
フィラートフ博士による「組織療法」とは、病気の患部の中に冷蔵保存しておいた別な組織を埋め込むというものです。

原材料のプラセンタの入手性の問題などから政府主導型の研究は打ち切られたのですが、この方法がプラセンタで治療の基礎を作りあげたとされています。
この組織療法が日本に伝わり、1950年に組織療法を研究していた医師たちが集まって「組織療法研究所」を設立し、厚生省から医薬品の認可も得て更年期障害と乳汁分泌不全の注射薬「メルスモン」が完成したのです。
また別のルートで「組織療法」を日本に広めたのが稗田博士です。

1959年に研究に基づく肝機能改善のプラセンタ注射薬が「ラエンネック」と命名され、1967年に「肝硬変適応症」として薬価基準に収載され、現在のプラセンタの治療薬のひとつとなっています。
同じフィラートフ博士の「組織療法」からそれぞれ独自に開発し、発展させたものが今のプラセンタにおける唯一の医療用の薬として厚生労働省から認められている薬となっているのです。
まだまだプラセンタは様々な医師により、研究が進められているといってもいいでしょう。