画像
画像
画像
画像
画像

プラセンタはいつ摂取すると効果的?

プラセンタを飲むのに一番いいのは眠る前だとされています。
眠る前に飲むことで一日の疲れをアミノ酸で取ることができ、すっきりと疲れを残すことなく目覚めることができます。
さらには肌のゴールデンタイムと呼ばれるのは午後22時から深夜2時までとなっています。
つまりその時間に眠っていることによって肌の代謝にプラセンタを摂りいれることができます。

ただしお酒を呑む場合は飲むのはお酒を呑む前がお勧めです。
アルコールは吸収や分解に影響することがあるとされているのです。
さらに効きすぎてしまい、全く眠れなかったという人がいますので注意しましょう。
眠る前に飲み忘れてぼんやりとして起きてしまった場合、朝食の前に飲みましょう。

しばらくはだるい感じがあるかもしれませんが、空腹時においてはエネルギーを補給しようとして、栄養を吸収しようとする作用が強く働くからです。
プラセンタが胃に悪いことはありませんが、たまに嘔吐感を感じる人もいますので、そういう人は食事と食事の空き時間などに飲むようにするといいでしょう。
朝食はきちんと摂るようにしましょう。
ちなみに他の時間に飲んでも構いません。

この時間に飲もうと決めた時間に飲みやすければいいだけです。
毎日飲むことが大切なことであり、時間は飲みやすい時に飲んでください。
決めていた時間に飲めなかったと飲まない方がよほどいけません。
プラセンタは薬のように時間や量が決まっているわけではありません。

あまりに疲れている時など、眠る前に飲んで、朝、起きても飲んでというように飲む人や飲む量を増やす人もいますが、その辺りは自分で調節することができるようになっています。
はじめから摂取量を無視して大量に飲んで気持ち悪くなっては意味がありませんので、はじめのうちは規定量を守り、自分がそのプラセンタに合っているのかということを確認した方がよいのかもしれません。
副作用が出ないようでしたら、飲みやすい時間に飲んでください。