画像
画像
画像
画像
画像

たるみやシワがプラセンタで改善される理由

肌の皮は表にでている表皮と支える真皮という構造になっており、たるみやシワの原因は真皮と呼ばれる部分の保水力不足が大きな原因となっています。
肌のハリを支える真皮にはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどといった肌を支える成分が豊富に入っていなければならないのですが、加齢と共に減少してしまいます。
中身がなくなれば皮も重力にしたがって下がります。

例えるのならば空気は入った風船と抜け殻になってしまった風船のようなものと考えてみるのもよいでしょう。
そんなしぼんだ風船に空気のように、コラーゲンなどを送るのがプラセンタです。
プラセンタの成長因子の一種「線維芽細胞増殖因子(FGF)」によって、真皮の中の繊維芽細胞を活性化させて、コラーゲンなどの生成を促進し、弾力性や柔軟性のある肌を取り戻させるのです。

さらにプラセンタにはヒアルロンが含まれています。
ヒアルロン酸は1gで6リットルの水分を保持することができるという大きな役割をもっています。
コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンは肌の上から直接入れようとしても、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの方の分子レベルが大きすぎて、肌に直接染み込ませるには、分子化を行わなくてはなりません。
ただ効果が落ちてしまうという欠点があります。

プラセンタは身体の中から効果を発揮するものであるためにそのような心配はないといえるでしょう。
真皮にハリが出来れば、表皮のたるみや深いシワは薄くなっていきます。
また活性酸素がコラーゲンなどの現象を増長させ、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを劣化させる原因になるとされています。

プラセンタには抗酸化作用があり、活性酸素の活性を抑え、たるみやシワの予防を助ける効果があります。
そして深いシワではないけれど目立つという小ジワは保湿作用がありますので、乾燥肌になることを防ぎ、皮脂の分泌を適切にしてくれます。
肌に潤いがあることによって消えることも可能です。

たるみやシワにはセサミンが効果的です。
セサミンの老化防止作用で、肌にハリや若々しさを取り戻せます。