画像
画像
画像
画像
画像

植物性のプラセンタってどんなもの?

植物性プラセンタとは、植物の胎座から抽出されたエキスで出来ています。
胎座が胎盤の代わりとなるのです。
勿論、動物と植物という生命の誕生の仕方に違いがあることからも分かるように、プラセンタと言う名前であっても違いはあります。

何よりも植物性プラセンタには「成長因子」がありません。
もとから含まれていないので摂取は不可能なのです。
そのために自律神経を整えたり、体内環境を整えることを目的とした、更年期障害の改善などには動物性プラセンタでなければ意味がありませんので、ご注意ください。

植物性プラセンタにおいて優れているとされているのは、美白や美肌などといった肌に関してのことが多いとようです。
植物性プラセンタは、コラーゲン、ヒアルロン酸の生成を促すといった効果はありませんが、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどによる美容効果が期待できるのです。
そのために化粧品などに多く使用されており、また副作用に関しても動物性プラセンタよりも高く保証されています。

ただ植物に対してアレルギーのある人はご注意ください。
さらに植物性プラセンタはその植物によって効果が違いますし、自分がアレルギーを起こさないものを選べるというメリットがあります。
例えば大豆由来の植物性プラセンタにおいては、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするというイソフラボンが豊富に含まれます。

これは美容を目的としているために女性らしさをキープするためには嬉しい効果であるといえるでしょう。
他にも麦などを主体としているプラセンタや薔薇の胎座を使ったプラセンタなどといったサプリメントとしても十分なプラセンタは多くありますので、プラセンタが動物の胎盤であることに対しての抵抗がある人にとっては、植物性プラセンタはとても飲みやすいものであるといってもいいでしょう。
アミノ酸が豊富に含まれているために、美容以外にも疲れやすくなっている身体などに関しても効果はあります。