画像
画像
画像
画像
画像

海洋性プラセンタってどんなもの?

海洋性プラセンタとは魚からできたプラセンタです。
プラセンタとは胎盤なのに、魚に胎盤と不思議に思われることでしょう。
勿論、魚に胎盤はありません。

あるのは卵巣膜であり、あくまで似たようなものであるという意味です。
ですから成長因子がありません。
ですが卵を包む薄い膜の卵巣膜に卵が育つ為に必要な有効成分が豊富に含まれているために、人間が体内では合成することが出来ないと言われている必須アミノ酸を9種類とアミノ酸18種類をはじめとして、ヒアルロン酸やコラーゲン、核酸、ミネラル、ビタミン、エラスチンという成分が含まれているのです。
胎盤に負けないその豊富な栄養源の秘密は主に命を時代につなぐために必要なものといえるのです。

例えば鮭などは一生に一度だけ自分の命を掛けて卵を産みます。
そのために自分が持っている栄養の全てを注ぎ込むと言われています。
厚みがなく薄い膜のようなものであったとしても動物性プラセンタに劣るものではありません。

また海洋性プラセンタのみに含まれている栄養素に「エラスチン」というものがあります。
エラスチンとはコラーゲンの線維支える役割を持つ線維であり弾性線維とも呼ばれており、年齢と共に減少してしまい皺の原因にもなります。
哺乳類の胎盤や植物の胎座にはエラスチンが含まれておらず、海洋性プラセンタの原料である卵巣膜だけに含まれています。

同じプラセンタという名前ではあったとしても馬、豚、羊などの動物性プラセンタには健康自体を補助する効果があるのに対し、海洋性プラセンタはアミノ酸などの栄養によっての疲労回復効果はありますが、身体の細胞自体に働きかけることがないといってもいいでしょう。
それぞれのプラセンタの特徴をつかんで飲み分けるようにするようにしてもいいでしょう。
ただしプラセンタは飲み続けることで効果がでてきますので、様々な種類を気分によって飲み分けるなどということはしないようにしてください。