画像
画像
画像
画像
画像

ホルモンバランスも改善してくれるプラセンタ

ホルモンバランスの悪化によって起こることに更年期障害というものがあります。
この症状は女性にとって深刻であり、自律神経のコントロールまで乱れてしまい、更年期独特の症状であるイライラやのぼせ、めまいやほてりなどが表れたりします。
プラセンタ注射は更年期障害を抑える症状として、保険適応内で受けられる治療方法です。

脳の視床下部から卵胞刺激ホルモンが分泌され、「エストロゲン分泌」という指令に、卵巣が応えることができずに、卵胞刺激ホルモンだけが常に出続けることになります。
エストロゲンの分泌は減り、卵胞刺激ホルモンの分泌は増えることによってホルモンバランスが崩れるのです。
プラセンタには、自律神経を整える効果があります。

ホルモンバランスが崩れるのはストレスや不規則な食事、不健康な日常生活などといったものが大きく関係しているのですが、閉経後のホルモンバランスの乱れにおいては当てはまらないと言ってもいいでしょう。
ただしあまりに若い世代においての更年期障害はありません。
確かに若年性更年期障害ということは起こりますが、それは原因があり起こる症状です。

20代や30代において起こるのは深刻なストレスやひどい生活習慣などが原因であり、プラセンタでの治療と並行して、正しい食事や規則正しい生活習慣、ストレスの解消法などを医師と相談したうえで、見つけていきましょう。
プラセンタはうつ症状にも効果があるとされていますが、うつになる前に症状を緩和させて、身体全体のバランスを整えるようにした方がいいでしょう。
また10代の女性にありがちなのがダイエットによってホルモンバランスに乱れを生じさせることです。

確かに肥満はいけませんが、無理なダイエットによって生理が止まるなどという症状が起こらない様にホルモンバランスを考えて行動してください。
プラセンタを飲んでいるから無理なダイエットも大丈夫などといった誤った認識を持たないでください。
プラセンタは手助けをしてくれるものなのです。
ホルモンバランスの改善にはイソフラボンもお試しください。
こちらhttp://xn--u9jtg1fm74k9l0c.com/のマカもおすすめです。