画像
画像
画像
画像
画像

値段が高ければ品質も高い?

プラセンタの品質の高いものの値段はイコールするといえばしますし、しないといえばしません。
分かりやすいもので言えば馬プラセンタと豚プラセンタの価格の違いです。
どちらからも最高の品質のものを代表して出してもらっても、値段が違います。

それはその動物の飼育の仕方や胎盤自体に違いがあるからです。
馬は1頭につき1頭の出産ですが、豚は10匹近く出産します。
つまり胎盤の厚さが変わり、品質に差が出ます。

そのために豚の最高品質のものが馬の並みの品質のプラセンタと値段が変わらないこともあるのです。
値段には品質以外にも飼育環境や加工の手順が加わるために、一概に品質だけで判断ができません。
また稀にですがまったく情報と違う詐欺まがいのものがあることもあります。

プラセンタの情報は主にホームページなどですが、そこに載っている情報を信じるには値段が迷うようなものもあります。
そういう場合は口コミなど、実際に使った人の意見が大いに参考になります。
特に人気の高いものは口コミの件数も多いので、様々な情報を得ることができます。

そういう意味では口コミの感想などは品質を表しており、値段の判断をするのにも問題がないと言えるでしょう。
自分がどのような目的でプラセンタを使用したいのかによって、何のプラセンタを選ぶのか、自分の体質に合うプラセンタを選ぶことが大切です。
品質はその動物の環境や加工過程がいいものが高いのであって、値段はその手間によって付けられるものでもあります。

ですからある意味では本当に値段と品質がイコールしているものも多いのですが、情報をよく見て購入するようにしてください。
さらにプラセンタに関しては量よりも質の傾向にありますので、多く入っているから高い値段でも納得できるというような確認方法はとらないでください。
参考としては馬プラセンタはサラブレッド、豚プラセンタはSPF豚が良い飼育環境にある品質のいいプラセンタとなっています。