画像
画像
画像
画像
画像

アミノ酸とコラーゲンも重要

プラセンタには、強力な抗酸化作用が期待されています。
抗酸化作用は体内のフリーラジカルと戦って、身体を若々しくキレイな状態にキープするのに必要不可欠な存在です。
しかし、年齢を重ねると減っていってしまうことから、身体の外から食べ物やサプリで補給することが必要になります。
そこで役立ってくれるのがプラセンタという訳ですね。
さらに、そこに成長因子(グロースファクター)やエストロゲン様作用などの機能がプラスされているので、効率よくアンチエイジングに取り組むことができます。

しかし、実は身体から減っていってしまうのは抗酸化作用だけではありません。
それ以外にも、身体から徐々に減少する美容の機能としてコラーゲンが挙げられます。
様々な化粧品やスキンケアアイテムに含まれているコラーゲンも実は歳をとるたびに身体から減っていくのです。

この成分の働きは肌に潤いを維持するというもの。
ゼリー状で水分を保持するという特徴があり、肌ではヒアルロン酸などと一緒に若々しい状態を保ちます。
コラーゲンが減っていくと、乾燥状態が引き起こされます。
そして、それが原因となり、シミやシワなどが生じやすくなるのです。
年齢を重ねると次第にシワが増えていくのには、そんな理由があったのですね。

このコラーゲンをサプリメントや食べ物から補給するのがアンチエイジングには欠かせない要素として挙げられます。
これはプラセンタでは補えない部分なので、他の方法でしっかりとケアしておく必要があると言えるでしょう。

アミノ酸が重要

肌のアンチエイジングの為に必要な栄養素には様々なものがありますが、その中でも特に重要と言われているのがアミノ酸です。
特にロイシンやイソロイシン、リジン、アルギニンなどが必要と言われています。
これらは美肌の為のアミノ酸とも呼ばれていて、若々しい心と身体の維持には必要不可欠です。

その理由として挙げられるのが、先述したコラーゲン。
実は体内でコラーゲンを合成するのはアミノ酸なのです。
加齢によって体内でコラーゲンをつくる力は徐々に弱くなっていきますが、それもアミノ酸を補給することで、いくらかスピードを緩和させることができる様になります。

しかし、ダイエットなどでカロリーを制限すると、アミノ酸と関係の深いタンパク質を摂ることも怠ってしまいがち。
そうなると、肌の老化も一層深刻になってしまいます。
ダイエットすると、肌がボロボロになる...というのは、実はアミノ酸の摂取量と関係があったのです。

※一日あたりの目安量としては、タンパク質80gを摂取すると美容には好影響です。