画像
画像
画像
画像
画像

生活習慣で差がつくエイジング

私たちの身体は年齢を重ねると、少しずつ機能が弱まっていきます。
これは老化という言葉で括られていますが、もちろん、そのスピードには個人差があります。
なぜ、個人差が生じるのでしょうか?
その最大の理由として挙げられるのが、生活習慣です。

だからこそ、美肌を目指して美容の為にアンチエイジングをする場合であっても、健康の為に血管や血液をエイジングケアする場合であっても、プラセンタのサプリメントを摂取するほかに生活習慣をしっかりと管理する必要があると言えるでしょう。

特に、健康を考えるのであれば血管と血液のケアを重視する必要があります。
血管は普段自分の目で見ないものですから、ついつい自覚することが少ないのですが、脳や心臓をはじめ、身体中の臓器を管理している存在とも言える大切な存在。
生活習慣を改善したり、プラセンタの栄養素や特有成分を活用するなどして、しっかりと若々しさを保ってあげましょう。

血液について

血管は大きく分けて、動脈と静脈、そして毛細血管の三種類があります。
心臓から酸素や栄養素を含んだ血液を全身に運搬してくれるのが動脈です。
動脈は身体に隅々まで届く様に枝分かれしていて、毛細血管に変化していきます。
静脈は逆に老廃物などの要らなくなった成分・物質を運搬する役割を果たしています。

身体に存在する血管のうち、殆どは毛細血管だと言われていますが、実はエイジングが顕著にあらわれてしまうのは動脈です。
だからこそ、動脈硬化などの病気に悩まされる人が多い訳です。
逆に毛細血管は運動に取り組んだりすることで増やすことが可能です。
つまり、何歳になってもアンチエイジングをすることができるのです。
それに対して動脈は一度老化してしまったら、若返らせるのが非常に難しいという特徴があります。

気を付けたいのは、やはり動脈硬化です。
男性では30代ごろから注意が必要で、女性なら40代後半から50代にかけて注意が必要です。
性別によって差があるのは、女性ホルモンと大きな関係があります。

女性ホルモンは血管をしなやかに若々しく保つ働きがあるのです。
その為、女性の方が動脈硬化のリスクは低いのです。
ただし、閉経後は女性ホルモンの分泌量が激減してしまうので、男性と同様に注意が必要になります。

プラセンタのメリットは、このポイントをしっかりとケアできるという点ですね。
女性ホルモンと同じ働きを果たしてくれるエストロゲン様作用という機能があるので、これを活用することで血管のアンチエイジングが可能になるのです。
動脈硬化の予防にも、もちろん有効ですよ。