画像
画像
画像
画像
画像

交感神経と副交感神経

プラセンタのサプリメントを活用しようと考えている人には、見た目や内臓をしっかりとアンチエイジングしたいと考えている人が多いはず。
だからこそ、知っておいて頂きたい知識として交感神経と副交感神経のバランスが挙げられます。
いわゆる自律神経に関する知識です。

自律神経とは、すべての臓器や筋肉の動きをコントロールしている神経のことを指します。
細胞に栄養や酸素を届けてくれるのが血液ですが、その血液が通る道である血管や筋肉の収縮に関しても自律神経が司っています。
そして、自律神経には実は種類があります。
それが交感神経と副交感神経なのです。

この二つのバランスが健康にも美容にも非常に大きな意味を持っています。
もちろん、乱れた状態では身体にとって悪影響しかありません。
しっかりとバランスを整えてあげることが大切です。
これが出来れば、プラセンタの効能も実感しやすくなるでしょう。

二つの役割

交感神経は車で言えばアクセルの様な働きを果たしてくれます。
逆に副交感神経はブレーキの様な存在です。
それぞれがバランスよく働いていれば、健やかな精神状態がキープされ、臓器や筋肉も十分に働けるようになります。
一般的には、殆どのケースで交感神経が優位に働いているので、副交感神経の状態をいかに上げてあげるかが大切になります。

もちろん、このバランスは個人差が大きいもの。
例えば、パニック障害の疾患を持っていたりすると、交感神経が非常に高くなると言われています。
逆に抑うつ症状を訴える人の多くは副交感神経が高まってしまっているケースが殆どです。

バランスが取れている場合では、人間の身体の機能を十分に引き出すことができます。
ストレスにも強くなるでしょう。

また、自律神経のバランスが悪いと便秘になりやすいと言われています。
腸内環境が悪化しやすい状態だからです。
これによって、腸から全身に送られる血液の中に毒素が含まれてしまうというのが大きなデメリットとして挙げられます。
結果的に、他の臓器への悪影響が懸念されたり、肌のトラブルが引き起こされることも。
シミやシワが多くなり、ニキビなどが生じてしまうのです。

これでは、いくらプラセンタのサプリを摂って、スキンケアには原液を使っていても、なかなか素肌をキレイにすることができません。
大切なのは、しっかりと自律神経を整えること。
その為には、規則正しい睡眠が重要な意味を持ちます。
就寝時間を毎日一定にすること、もちろん起床時間もズレないように気を付けることが大切です。
こうすることによって、睡眠の質も良くなるでしょう。