画像
画像
画像
画像
画像

プラセンタに副作用はあるの?

プラセンタは非常に多岐にわたる効果を発揮してくれる美容成分です。
その名前は直訳すると胎盤という意味を持っているとおり、ヒトや馬、豚などの哺乳類の胎盤から特別な方法をつかってエキスを抽出し、それをサプリメントやドリンクなどに充填することで私たちが摂取できるようになります。

配合されているのは、アミノ酸やタンパク質をはじめ、ビタミン類やミネラル類など。
様々な成分がバランス良く組み合わさっているのが特徴です。
さらに、特殊な成分としては成長因子という成分が挙げられるでしょう。
成長因子はグロースファクターとも呼ばれている成分です。
新陳代謝を促進して、様々な効能を期待することができるのですが、やはり一番の見どころは美肌と美白をサポートしてくれる点でしょう。
もちろん、その他にも健康への働きかけなどが期待できます。

これ以外の特殊な成分としては、エストロゲン様作用が挙げられます。
エストロゲンとは女性ホルモンのこと。
つまり、女性ホルモンと似たような働きを期待することができるのです。
これによってバストアップや美容、アンチエイジングへの効能を期待できます。

しかし、これだけ様々な効果があったら、逆に副作用などの心配もあるのではないか?
そう考える人も少なくないかと思います。
ここでは、そんな危険・リスクについて解説しました。

副作用はこの場合に注意

副作用の危険があるのは、ずばりプラセンタを注射する場合のみです。
注射は医療機関でしか許されておらず、なおかつサプリの様な豚・馬ではなくヒト由来が使用されることが殆ど。
そして、この場合は副作用の危険があります。
確かに、即効性は期待できますが、費用が高額になりますし、コストパフォーマンスとしてはイマイチです。

リスクもありますから、あまりお薦めはできません。

逆にサプリなら身体に徐々に浸透していき、根本から美容や健康に効果を実感できるようになるのでお薦め度は高め。
もちろん副作用もありません。
安心して飲めるし、そのうえコストパフォーマンスも高いというのが魅力です。

プラセンタ注射は確か魅力的ではあります。
しかし、実感を継続するには、注射も続けなければいけません。
その点を考えると、費用に見合っただけの効果があるのかは疑問です。
もちろん絶対にNGという訳ではありませんが、安全性の観点からも、可能であれば、サプリやドリンクで摂取することをお薦めします。